このコーナーはTottemo*netと青山にある「旅」をテーマにした本とグッズの専門店BOOK246とのコラボ企画です。
ここで紹介した本はBOOK246のオンラインショップで購入する際、「お客様情報の記入」画面の「配送について」の通信事項の欄に
Tottemo*netを見たと書くと送料が無料になるよ!
『The Hawaiian Shirt』
著者:H.Thomas 出版社:ABBEVILLE PRESS ページ:96P
アロハシャツって奥が深い…ということは知っていても、なかなかその中身を知る機会がありませんでした。しかし、この本を読む(または目を通す)だけでもわかります、その奥の深さ。冒頭で“この本はただのアロハシャツ事典ではありません”と宣言しているほどです。アロハシャツの歴史や込められた思いがたくさんの写真とともに綴られています。シャツについたタグばかりが並べられていて解説しているページ、日本画のプリントされたアロハシャツのページも。一般にムームーとして認識されている女性用のアロハシャツも実は数種類あり、着物のように袖がながーい美しいドレスもあるようでびっくり。アロハシャツには、ハワイアンの魂がこめられているようです。自分にぴったりなアロハシャツを探すハワイの旅もいいですね…。(英文表記)
※ぱらぱらとめくるだけでも楽しいこの本ですが、アロハの世界をじっくり読み深めたいという方は、和書“THE ALOHA SHIRT”デザインエクスチェンジ \4179もございますのでお問い合わせください。
 
『日々是布哇(ヒビコレハワイ)』
著者:デブラ・F・サンダース 発行:太田出版 サイズ:12×18.5cm ページ:399P
原題を「A Hawaii Book of Days」、直訳すると「ハワイの日々の書」となる世界中に多くの愛読者を持つ本書。目に見える“ハワイ”ではなく目に見えない“ハワイィ”のスピリットが365日に凝縮された一冊。一日一言ハワイの言葉(日本で言う諺みたいなもの)が書かれていて、ハワイのことを知りたいときには勿論、それぞれの言葉に秘められた力に助けを借りるのもいいかもしれない。決して堅苦しい格言などではなく『チーズはどこへ消えた?』でお馴染み長崎訓子さんの自然に力の抜けたイラストが象徴するように、すっと硬くなってた頭をほぐしてくれる様な柔らかい言葉達が並んでいる。それはちょっとした辞書程もある厚さにも関わらず持ってみるととても軽い本書の装丁からも感じられる。何気なく引くのに実際辞書と並べてみてもいいかもしれない。
BOOK246 info ;
〒107-0062 東京都港区南青山1-2-6 Lattice aoyama 1F 電話:03-5771-6899 営業時間 11:00〜23:00 無休
http://www.book246.com/