素朴で独特のデザインが楽しいチェコ雑貨はディテイルまでもユーモラスでとってもキュート。
知れば知るほど楽しいそんなとびっきりのチェコ雑貨をコヒノール社を中心にスコスの寺村さんにセレクトして頂きました!
イギリス人とチェコ人の研究者によって1790年に創立されたチェコの名門文具メーカー、コヒノール社。
社名の由来はイギリス女王が持っていたコヒノアという宝石の名前から来ているそう。
素朴でゆるい雰囲気を持つデザインが特徴で、世界中で愛されているインターナショナルブランドです。
36色の色鉛筆がトラックに乗って走ります!
ちゃんと荷台も持ち上がるんですよ。
かわいいだけじゃなく、発色がきれいなのもコヒノール社の実力。
お子さんへのプレゼントにも◎
2,205円
手のひらに収まるミニサイズの色鉛筆は12本セット。
持ち歩いて気軽にスケッチしたいかわいらしさです!
399円
まあるい顔がてっぺんについている、なんともユーモラスな鉛筆。
なんだかにくめないおちゃめなヤツです。
普通ならプラスチックの飾りがつきそうなのに木製なのもチェコならでは!
504円
芯先にいろんな色がまざっているマーブルの色鉛筆!
ぬっても、描いてもいろんな表情が楽しめます。
たまにはこんな色鉛筆も楽しそう。
デザインも70年代を感じさせるような懐かしさがあります。
294円
 
つっつきたくなるような不思議な雰囲気のある
ペン立てもコヒノール社のもの。
まつげの手書きの風合いがなんともキュートです。
デスクに置いておいたらあっとゆう間に人気者になれそう!
1,155円
熱烈なコレクターもいるという芯ホルダーはシャーペンの要領で
芯を押し出せば、鉛筆の書き心地が味わえるすぐれもの。
軸のお尻の部分は簡易削りになっているおりこうさんです。
399円
教えてくれた人: スコス ステーショナリーズ・カフェ 寺村栄次さん

今回チェコの雑貨をナビゲートしてくれたのは人気文具店スコスの寺村さん。
お話を伺っている間も文具への愛がひしひしと伝わってきました。
海外のおもしろいものをちょこちょこと紹介していきたいそうです!
ディスプレイ用の
ジャンボコヒノールペンシルを
持ってパチリ☆
お店の目印は
この黒板!
【スコス ステーショナリーズ・カフェ】
2000年オープンの机まわりが楽しくなるような
外国製の文房具を販売している輸入文房具屋さん。
他にないわくわくするような文具のセレクトで常にお店はいっぱい。
いつ行っても新しい発見のあるお店です。
オリジナルキャラクターもとびきりキュート☆

<住所>東京都文京区本郷 5-1-5・1階
<電話>03-3814-7961 <ファクス>03-3814-7962
※ 本郷店の営業日はHPの営業カレンダーでチェックを!
http://www.scos.gr.jp/oshirase2006.htm
<ホームページ>http://www.scos.gr.jp/index.html